記事一覧

杏や林真理子、向井千秋らが受賞ブルガリ アウローラ アワード

ファイル 7-1.jpgファイル 7-2.jpgファイル 7-3.jpg

ブルガリジャパンは12日、女性の功績や活動にスポットライトを当てた「ブルガリ アウローラ アワード2018(BVLGARI AVRORA AWARDS2018)」のセレモニーを六本木ヒルズで開催した。3回目となる今回は、「アンブッシュ(AMBUSH)」デザイナーのYOONや女優の杏、宇宙飛行士の向井千秋、小説家・エッセイストの林真理子など10名が受賞。恒例となっている六本木ヒルズアリーナでの“ゴールデン”カーペットでは受賞者に加え、今年「ブルガリ」のアンバサダーに就任したモデルのKoki,などセレブリティーが多数歩き、集まった人たちから歓声が上がった。

 受賞者/推薦者は次の通り。杏(女優)/操上和美(写真家)、YOON(「アンブッシュ」デザイナー)/ノルベール・ルレ(LVMHジャパン社長)、福島リラ(女優)/奈良橋陽子(キャスティングディレクター)、石原裕子(MIYAVIの母)/MIYAVI(アーティスト・ギターリスト)、向井千秋(宇宙飛行士・東京理科大学特任副学長)/若田光一(宇宙飛行士・宇宙航空研究開発機構理事)、妹島和世(建築家)/林陽子(弁護士・国際女子差別撤廃委員会委員)、林真理子(小説家・エッセイスト)/戸田菜穂(女優)、林美木子(有職彩色絵師)/門川大作(京都市長)、コトリンゴ(音楽家)/坂本龍一(音楽家)、西本智実(指揮者)/湯川れい子(音楽評論家)。

 授賞式では受賞者と推薦者が数々の印象的なスピーチを残した。多くの著名人が登場する中で、アーティスト・ギターリストのMIYAVIは自身の母である石原裕子さんを推薦。授賞式では「後にも先にもオカンを連れてくる人はいないかもしれない」と笑いを取りつつ、「17歳の時に“東京に行ってくる”と伝えたときは、止めたい気持ちでいっぱいだったろうけど“気いつけて行ってきいや”と送り出してくれた。自由を与えてくれたことを感謝している。子を思う気持ちは有名であろうとなかろうと違いはないと思う。女性の強さが未来に必要な強さだと思い、世界中の母親にこの賞をささげたい」などと話し会場には暖かい空気が流れた。

イタリア人和菓子バイヤーが日本の魅力を語る

ファイル 6-1.jpgファイル 6-2.jpgファイル 6-3.jpg

流暢な日本語を操り、和菓子のコーナーに立つ女性、ジュンティーニ・キアラ日本橋高島屋食料品売り場 味百選 銘菓百選 担当バイヤーは、生粋のイタリア人だ。漫画から日本にあこがれ、大学時代に日本に留学。学生生活でさらに日本に引かれ日本で就職した。なぜ日本で、そして高島屋だったのかーー。その経緯とこれからについて聞いた

日本に来る前のイタリアでの略歴は?

ジュンティーニ・キアラ日本橋高島屋食料品売り場 味百選 銘菓百選 担当バイヤー(以下、キアラ):子どものころ、日本の漫画が大好きで。例えば「美少女戦士セーラームーン」や「るろうに剣心」「ドラゴンボール」などに夢中になりました。日本の漫画は全ての年代が楽しめるストーリーで、レイアウトも読みやすいと思います。好きから漫画家になりたいとも思って専門学校にも通っていましたが、漫画を通じて日本の文化にも興味を持つようになり、そこから日本語学科のある大学に入りました。短期留学で日本に来たのですが、最初は1カ月、その1年半後に再来日して1年を過ごしました。

日本での生活でカルチャーショックを受けたことは?

驚いたのは、サービス業の接客ですが、ていねいだとは思いますがちょっとやり過ぎだと思って、逆にイタリアは適当過ぎるんですけどね。本当にびっくりしたのは、電車が静かなこと。しゃべっちゃいけないの?と思いました(笑)。あと、はっきり物を言わないことも驚きました。相手を気遣ってのことですが、はっきり言ってもらわないと最初は分からなかった。でも今となっては、もっとはっきり言えばいいのに、とも言われたりするんですけど。

なぜ高島屋に就職したのか?

漫画家の夢はなくなりましたが、日本で生活がしたい、残りたいと思って。百貨店だったら、食品もファッションも、その他にもさまざまなカテゴリーがあり、そして販売職も事務職もあり、自分に合うものが見つかるのではないかと。入社後は食品売り場での研修となりましたが、食べることも作ることも好きなので、単純に好きなものに囲まれて幸せでした。

そのまま食品に配属となったが。

食品への配属だと当然、ワールドフーズに配属になると思っていましたが、実際はアジアフードの担当になって。何も知らないアジアフードで……、説明できるのか不安でした。3年目まで販売を担当していましたが、最初の1年は日本の食材、鮭など魚の名前や漢字を覚えるので必死でした。一般的には日本で働く外国の人は、輸入関係や教師になる人が多いと思いますが、私は日本食という日本に密着した仕事で、仕事から学ぶことができたことは良かったです。

バイヤーになっての困難は?

3年目に日本食のバイヤーになりました。新しいモノを探して東京ならば訪ねますし、地方だと出張することもあります。ネットなどで調べて直接会いにいったりもするのですが、まずは電話で名前を言うと驚かれます(笑)。この人に分かるのかな?って思うんでしょうね。そこを理解してもらうことが難しいのですが、でも逆にそこが面白い。実際に出向いてお会いしていろいろお話を聞いて、また話をする。情熱ですよね。そうすると逆に私にも興味を持ってもらえると思います。

仕事での失敗談は?また成功した企画は?

自分で考えた企画を店頭で行ったとき、段取りが悪くて売れなくて……。販売員の方にも迷惑を掛けました。でもきちんと振り返り、今回はこれが良くなかったから次はこれを直す、というようにブラッシュアップしていきます。一方で、売れないという状況の現場では、気分転換できるような話ができるように心掛けています。成功した企画は、先日の高島屋日本橋店のリニューアルの際、記念でオリジナル商品をいくつか作りました。例えば、おはぎを販売したのですが、既存にはなかった桜新町のお店にお願いし、ナッツやココナツなどを使った現代的なものですぐに完売になりました。

イタリア人であるがゆえにできたことはあるか?

販売員時代にデモンストレーションとして、看板商品の鮭茶漬けをご飯ではなくパンにのせて、オリーブオイルも添えた食べ方を提案しました。これはとっても好評でした。

将来の夢は?

ずっと心掛けていることですが、イタリアと日本の架け橋になりたいと思っています。何か企画やプロモーションで斬新なことができたらと考えていて。一つには、イタリアではほとんど和菓子というものは知られていません。似ているモノ、共通点があるモノがないんです。だからいつかはイタリアで紹介できたらなと思っています。その他、お蕎麦や納豆なども実は知られていません。私自身、藁に入った納豆は2年前に初めて食べました。今はご飯を作りながらおつまみとして食べていますよ。

今、趣味でイタリアの家庭料理を家や近くのカフェで教えています。参加してくれているのはほとんどが日本人なので、イタリア料理を作りながら、日本の料理の話も出ます。勉強にもなりますし、日本の地方料理をイタリアに紹介したらおもしろいだろうな、と思っています。

「ヴァレクストラ」がミラノ本店の内装を一新 隈研吾に続き手掛けたのは英建築家のジョン・ポーソン

ファイル 5-1.jpgファイル 5-2.jpgファイル 5-3.jpg

イタリア・ミラノ発のレザーグッズブランド「ヴァレクストラ(VALEXTRA)」は、今年もクリエイターと協業し、ミラノ本店の内装を一新した。これまで4年にわたり、イタリア人デザイナーのマルティノ・ガンパー(Martino Gamper)、ベルギー人建築家のバーナード・デュボイス(Bernard Dubois)、アメリカ人デザインデュオのスナーキテクチャー(Snarkitecture)、そして日本の隈研吾とタッグを組んできた同ブランドが今回デザインを託したのは、英国人建築家のジョン・ポーソン(John Pawson)。東京・表参道にある「ジル・サンダー(JIL SANDER)」の旗艦店やロンドンのデザイン・ミュージアムの内装をはじめ、店舗やアートギャラリー、邸宅、修道院などを手掛けてきた彼ならではの哲学を生かし、ミニマルでクリーンなエレガンスと華美ではないラグジュアリーさを解釈したスペースを作り上げた。

 刷新した本店は、商品をアート作品ととらえ、ギャラリーに作品を展示するかのように商品が陳列されているのが最大の特徴。石膏仕上げの吊り棚を使った薄いグレーが基調の空間で、光と影を効果的に取り入れている。

 ポーソンとのコラボレーションについて、サラ・フェレロ(Sarah Ferrero)最高経営責任者は「この4年間のとてもパワフルでエモーショナルなインスタレーションを通して、空間演出は『ヴァレクストラ』の顧客体験において非常に重要なものになっている。私たちのストーリーテリングの一部であり、ダイアログ(対話)でもある空間をさらに進化させていくために、ミニマリズムと洗練を体現する存在であるポーソンに依頼することを決めた。今回作りたかったのは、バッグを中心に据えた環境。ミュージアムや教会を数多く手掛けている彼は、光と影を巧みに用いることで商品をより魅力的に見せ、開放的かつ立体的な空間を生み出してくれた。また、この内装は1年以上使用することを念頭に置いており、商品を見せるだけでなく、将来的には『ヴァレクストラ』の82年の歴史やパーソナルな視点を持ったコラボレーションプロジェクトなどのストーリーを伝える展覧会会場のような場所としても活用していきたい」と語る。

 なお、「ヴァレクストラ」はミラノ・ファッション・ウイーク中に行った2019-20年秋冬コレクションのプレゼンテーションでも本店を会場に使った。数々のアーカイブを展示するとともに、50年前のアーカイブから着想を得た“セリース(SERIES)”などの新作を披露した。


JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。

ホットなふたりのおしゃれスナップ カップルニスタコンテスト結果発表

ファイル 4-1.jpgファイル 4-2.jpgファイル 4-3.jpgファイル 4-4.jpg

おしゃれ大好きなナイロニスタの彼って一体どんな人!? ってことで今回NYLON.JPでは、幸せたっぷりなラブラブ2ショット&恋愛データを一挙公開♡ 参加してくれたみなさん、ありがとうございました!

(①交際期間 ②出会ったキッカケ ③思い出の場所 ④普段のデートコース)

girl:CHU boy:SY-F/①付き合って4年、結婚して3年 ②地元のセレクトショップ ③2人が出会ったセレクトショップ ④子供と3人でショッピング♪

girl:Yui boy:Andrew/①1年半 ②イベントのプロモーション撮影 ③2人が通っていた学校の寮 ④家でご飯作って、まったりする
girl:あおい boy:そうき/①8ヶ月 ②大学の部活 ③クリスマスに行ったみなとみらい ④横須賀でのんびりする

girl:なつき boy:せいや/①1ヶ月 ②BOYLONDON渋谷109期間限定ショップでのアルバイト ③SHIBUYA109 ④新宿ルミネエストでご飯♡
girl:ちえ boy:ゆう/①2年10ヶ月 ②高校の先輩、後輩 ③初めて旅行した長崎 ④表参道あたり

girl:Saki boy:Kei/①11ヶ月 ②美容師の彼にモデルを頼まれた ③初めての海外旅行、韓国☆ ④スケボーでクルージング

girl:music boy:kazu/①10ヶ月 ②大阪旅行中、友達の紹介で ③2人が出会った大阪のクラブ ④クラブからのショッピング

girl:りさ boy:なお/①3年 ②高校が一緒。大学も一緒! ③高校近くの展望台のある公園 ④みなとみらいや湘南の海で遊ぶ

girl:みどり boy:すぐる/①7ヶ月 ②昔からの友達で去年、急に仲良しに ③友達と遊んだ後の帰り道(2人きりで♡) ④渋原のショップ巡り、映画鑑賞

girl:たみ boy:じゅんや/①4ヶ月 ②友達の紹介 ③名古屋 ④面白そうな場所を探して遠出

girl:ちひろ boy:サーシャ/①2ヶ月 ②都内で開かれたパーティー ③横浜のメキシカンレストラン ④六本木で映画鑑賞

girl:TOMOKA boy:KIRILL/①付き合って3年10ヶ月で結婚、現在結婚して10ヶ月 ②secret ③TOKYO ④movie or shopping→dinner

girl:みみ boy:ジョシュア/①2年8ヶ月 ②サンフランシスコ大学1年生の頃 ③ヘイトストリート ④一緒にショッピングしたり映画を見行ったりします。

創設25周年の「NARS」の顔となった森星がまとう“ラディアンス”な輝き

ファイル 2-1.jpg

女性の生き方にも多様性が求められる現代。時に迷いつつも、本当の意味で自分らしく輝き、運命を切り開いていくたくましさが必要だ。当然、メイクアップにも女性らしさに加え、意志の強さが求められてくる。「NARS」は、1994年の設立以来、フランソワ・ナーズ(Francois Nars)の美の哲学を通じて女性たちに自己表現力を提案し続けてきた。

 そして今年、25周年という特別な節目をむかえ、“NARSissistアンバサダー”に森星の起用が決まったばかりだ。“NARSissist”とは、自分なりのルールを持ち、個性を表現することを恐れず、ビューティプロダクトが大好きで、周りの人を魅了する人のこと。その姿を体現する彼女に、意気込みを語ってもらった。

“NARSissistとして25周年をさらに盛り上げていきたい”

 「『NARS』 はつけるだけで洗練される色やテクスチャーを展開しているので、ファッションが好きな私にとって、なくてはならない存在です。昔から影響を受けてきたブランドだからこそ、“NARSissist アンバサダー”に選んでもらえて本当にうれしかったですね。メイクアップを通じて新たな挑戦を共有し、ブランドを盛り上げていけたらいいな」。とびきりの笑顔は、輝きと自信に満ち溢れている。

 さらに聡明なその美しさに磨きをかけるのが、2月15日に発売される「スーパーラディアントブースター」の存在だ。ベースに仕込んだり、なめらかな質感を保つセラムファンデーションや、シアータイプのリキッドファンデーションと 混ぜたりすることで艶を活かし、イキイキとした潤いときらめきを添える。「肌に塗った瞬間すんなりとなじみ、メリハリを実感しました。柔らかに放つ輝きが肌本来の質感と表情を 崩さず、優しさとセクシーさの両方をいいとこどり。それに、 肌の質感が変わればメイクやファッションを変えるきっかけにもなりますよね。新しい自分を発見すると、ライフスタイルまでもが激変するかもしれない。『スーパーラディアントブースター』には、女性をポジティブに進化させてくれる相乗効果があると思う」。仕上げにハイライトとして頬や鼻筋、おでこにサッとひと塗りすればより一層、パールのように柔らかでグラマラスな輝きを手に入れることができる。

芯ある眼差しが、見つめる未来

「シアーグローファンデーション」(全19色、各6000円)


左から、「シアーグローファンデーション」(全19色、各6000円)※1、「スキンディープ アイパレット」(7400円)※2、「ナチュラルラディアント ロングウェアファンデーション」※1(全19色、各6100円)、「スーパーラディアントブースター」(3600円)※2、「ラディアントクリーミーコンシーラー」(全11色、各3400円)、※1 2月15日 新色追加発売、※2 2月15日 数量限定発売


「ナチュラルラディアント ロングウェアファンデーション」(全19色、各6100円)


「スーパーラディアントブースター」(3600円)


「スキンディープ アイパレット」(7400円)


「ラディアントクリーミー コンシーラー」(全11色、各3600円)


「シアーグローファンデーション」(全19色、各6000円)


左から、「シアーグローファンデーション」(全19色、各6000円)※1、「スキンディープ アイパレット」(7400円)※2、「ナチュラルラディアント ロングウェアファンデーション」※1(全19色、各6100円)、「スーパーラディアントブースター」(3600円)※2、「ラディアントクリーミーコンシーラー」(全11色、各3400円)、※1 2月15日 新色追加発売、※2 2月15日 数量限定発売

1 / 6
 彼女のもうひとつの魅力、芯のある眼差しを彩るのはシルキーでなめらかな目元を演出してくれる「スキンディープアイパレット」だ。繊細で控えめなシェードからリッチなスモーキーマット、シャイニーなメタリックなど、さまざまなブラウンがひとつのパレットになって登場。「このパレットは全12色なので、アレンジ次第で柔らかく複雑なグラデーション、強さと優しさとセクシーさ、グラマラス感のある目もとなどこれひとつで手に入れることができるので、本当にぜいたく。その日の気分やコーデによっていろんなバリエーションを楽しめるのがうれしい!」。

「NARS」と歩む森星の新しいチャレンジ

 いつものアイメイクを変えることは、女性にとって勇気がいること。とはいえ、いつも同じではつまらない。それは彼女の生き様にも共通している。「昨年は国内外で素晴らしい経験をしたので、たくさんの刺激を受けることができました。でも本当は環境の変化やチャレンジを恐れている自分がいて......、頑張ることに疲れちゃう時もある。でも私は、常にチャレンジしないと後悔するタイプなんですよね。時代の流れを敏感にキャッチしながら自分らしく変化していくことが、これからの課題になりそう。今年は今までに得たインスピレーションをアウトプットしていきたい。特に“NARSissist アンバサダー”に選ばれたことは、私にとって新しいチャレンジのひとつ。プレッシャーもあるけど、ワクワク感の方が大きいかな。『NARS』の世界観をシェアしながら、一人一人が新しい自分を発見できるようなきっかけをつくっていきたいですね」。

伊藤貞文・メイクアップアーティストによるメイクアップ

 森星に使用した「スーパーラディアントブースター」は、ユニバーサルシェードのローズゴールドによって肌本来の艶、輝きをさらにアップグレードさせてくれる。メイクアップを担当した伊藤貞文は「『NARS』のファンデーションは“素肌を活かす”をコンセプトに、艶、潤い、きらめきを与えつつも、決して力んだ強さではなく、余裕のあるたおやかな強さを表現する。森星さんは素肌でも十分美しいのでそれを活かすよう、まずは頬や鼻筋、凹凸の高い部分にブースターをなじませました。少量のファンデーションを全体に伸ばし、最後にハイライトとしてもう一度、同じ箇所にブースターを重ねることできらめきと艶が強調され、より高級感のある肌に。デコルテやボディラインへの使用もオススメです」。

 そして、目もとは「アイホール全体にマットリッチクールブラウン、 くぼみにシマリングディープブラウン、さらにメタリックなゴールドブラウンを2色混ぜて、目もとにグラマラスな光沢を演出しました。パウダーだけれど肌になじみやすいので、ブラシで軽くなじませるだけで自然なグラデーションが完成します。アレンジ次第で印象が変わるので、まずは気になる色を自由に組み合わせ、洋服を選ぶようにメイクアップをもっと楽しんでほしい」。プロならではのアドバイスを参考に、 “ラディアンス”な自分を演出してみては。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ